So-net無料ブログ作成

ロバート・パティンソン主演の新作「Idol's Eye(原題)」にロバート・デ・ニーロが出演 [海外映画裏情報]

ロバート・パティンソン主演の新作「Idol's Eye(原題)」に
ロバート・デ・ニーロの出演が報じられました。


本作の詳細は明らかになっていませんが、
アクションスリラーになるようで、

軽犯罪者の集団がポルノショップに強盗に入ったところ
マフィアのアジトだった言う設定になっています。

今回の新作は
米シカゴで実際にあった事件で
2007年に米プレイボーイ誌の記事「Boosting The Big Tuna」が
下敷きになっています。


監督にはオリビエ・アサイヤスがメガホンを取り
マイケル・べナローがプロデュースを手掛けます。

撮影に関しましては

10月から
シカゴとトロントで開始される予定だそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

期間限定でキアヌ・リーブス初監督作品「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー」を緊急劇場公開へ! [海外映画裏情報]

キアヌ・リーブスが初監督として制作した映画「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー」は
8月6日にブルーレイとDVDをリリースすることは決まっていましたが、

急遽、
6月28日~7月4日までの期間限定ではありますが
劇場公開することになりました。

公開される劇場の方は一部のユナイテッド・シネマになり
料金は税込み1000円で鑑賞することが出来ます。

詳しい内容は
ユナイテッド・シネマのHPで確認できるようです。



本作では
タイトルにもありますようにキアヌが主演を務め
「マトリックス」でキアヌのスタントを演じたダイガー・チェンも出演しており
同じくユエン・ウーピンはアクション監督を務めています。

また、
「天使の涙」のカレン・モクも競演しており、
種田陽平が美術監督を担当しています。


それと
肝心のストーリーですが
太極拳を学ぶタイガー(ダイガー・チェン)が
全世界に中継される闇の格闘試合で
次々と的を倒していくうちに、

闇の格闘試合を主催するドナカ(キアヌ・リーブス)たちの組織に疑いを持ち始めると言う
単純明快な内容になっています。


で、本作の見どころなんですが、
キアヌのアクションはもちろんのこと
キアヌの含み顔にも要注目とのこと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「シャイニング」の前章にあたる「オーバールック・ホテル」の監督にアルフォンソ・キュアロンにオファー [海外映画裏情報]

このプロジェクトは
米ワーナー・ブラザースが進めているもので

今回の新作映画「オーバールック・ホテル」の監督として
アルフォンソ・キュアロンにオファーがありました。

米ワーナー・ブラザースとアルフォンソ・キュアロンの間がらは
「ゼロ・グラビティ」で既に組んだ関係になっています。


今作の内容は
「シャイニング」の舞台となった
オーバールックホテルで
「シャイニング」で登場する作家家族が移り住む以前に
起こった惨劇を描いたものになる予定だそうです。


ちなみに、
原作者のスティーブン・キングは前章について
あまり快く思っていないようですが、

2013年4月時点では
「ウォーキング・デッド」のショーランナーを務めた
グレン・マザラが脚本家として交渉中であったようです。

で、現在
キュアロンは
「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品の
監督候補として交渉中のようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジェイソン・ステイサムとロージー・ハンティントン・ホワイトリーが破局していた! [海外映画男優ニッチ情報]

カンヌ映画祭で
「エクスペンダブルズ3」のプロモーションの為に
現地入りしていたジェイソン・ステイサムは

ロージー・ハンティントン・ホワイトリーがカンヌ入りする前に
既に現地を去っていたようです。

この時点で
カップルがお互いを避けるようにして
カンヌ入りするのは
不自然ではないかと噂になっていました。

また
ロージーに至っては
インスタグラムに
ホテルのバルコニーに1人で立っている寂しげな写真を投稿しています。


この2人の関係を決定的にしたのが
カンヌ入りしたジェイソンに会った友人に言わせると
理由こそわかりませんが
既に2週間前に破局していたとのこと。


破局していたからこそ、
ロージーの1人で写っている写真であり
カンヌ入りでお互い会わなかったですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「GODZILLA」の監督エドワーズが「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品を手がける! [映画監督]

「GODZILLA」の監督ギャレス・エドワーズが
「スター・ウォーズ」スピンオフ作品の第一弾を手掛ける事が
明らかになりました。

現段階では
どのキャラクターに焦点を当てるのか
明らかになっていませんが
脚本は「ザ・ウォーカー」のゲイリー・ウィッタが務めます。


「スター・ウォーズ」でしたら
結構個性的なキャラがたくさん出演しているので、
幾らでもスピンオフ作品がつくれそうですが、
最低でも3作は作られるとのこと。


ちなみに
今回、大ヒット作「GODZILLA」の監督を担当したエドワーズは
今作以外では低予算映画「モンスターズ/地球外生命体」でしか監督経験はありません。


なので
今回の「スター・ウォーズ」スピンオフ作品の監督抜擢は
エドワーズにとって大出生になるのではないでしょうか。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジョニー・デップ、 新作でジャック・ニコルソン化!? [海外映画男優ニッチ情報]

現在撮影中の新作「Black Mass(原題)」に
出演しているジョニー・デップが
マフィアのボス、ホワイティを演じているのですが、

メイクが
もろジャック・ニコルソン化になっているようです。


今作は
実在したマフィアの大物、ホワイティ・バンガーの伝記映画になり
19人を殺害した容疑で指名手配されるも16年間逃亡。

で、11年6月に逮捕されています。


ちなみに
2006年に公開された映画「ディパーテッド」に
主演しているジャック・ニコルソンは
ホワイティをモデルにした役を演じています。

今作でジョニーが演じるホワイティがジャック・ニコルソン化になり
映画「ディパーテッド」に出演しているジャック・ニコルソンは
ホワイティをモデルとした役を演じているので
この2人は何かしらの縁で繋がってるような気がしますね。


また、今までに
ジョニーは「パイレーツ・オブ・カビリアン」や
「チャーリーとチョコレート工場」、「アリス・イン・ワンダーランド」など
本人とわからない位のメイクをしていますが、

今作のジャック・ニコルソン化されたメイクが
一番凄いと評判がいいようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レオナルド・ディカプリオと一緒に宇宙観光旅行へ行ける権利が70万ユーロで落札される。 [海外映画男優ニッチ情報]

カンヌ映画祭で
毎年恒例になっている
米国エイズ研究財団をサポートするチャリティオークションで
レオナルド・ディカプリオの隣席で
一緒に宇宙観光旅行をできる権利が
70万ユーロ(約9725万円)で落札されました。


今回落札されたのは
レオナルド・ディカプリオの片方の隣席で
落札者は不明ですが、

昨年はレオナルド・ディカプリオのもう片方の隣席が
モナコ在住のロシア人男性が120万ユーロ(約1億6666万円)で
落札しています。

レオナルド・ディカプリオを間に挟むように
両隣が落札者の席になり
来年、3人で宇宙観光旅行をする予定です。


ちなみに
今回のチャリティオークションの落札総額は過去最高を記録したようで、

1967年にアンディ・ウォーホルが制作したマリリン・モンローのペイントが38万ユーロ(約4861万円)

68年のピカソの絵画が38万ユーロ(約5278万円)

ダミアン・ハーストの新作でガラスケースに収めた金メッキを施したマンモスの化石が1100万ユーロ(約15億円)などが

高額で落札されています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ハンガー・ゲーム」シリーズ第3弾の脚本の後編がフィリップの死亡でリライトされる。 [海外映画裏情報]

フランシス・ローレンス監督作の
「ハンガー・ゲーム」シリーズ第3弾の撮影途中に
フィリップ・シーモア・ホフマンが
薬物の過剰摂取により今年の2月2日に亡くなっています。

フィリップの撮影スケジュールは50日間でしたが、
42~43日目までは終えており、
残りは約8日間残っていました。

ちなみに
メインの撮影はほとんど終わっているようで

しかも
ほとんどのシーンでセリフがなかったようです。

で、フィリップが出ているシーンはそのまま映画に使うようで
取り残しのシーンについては、

CGIを使わずに
脚本の後編をリライトして
フィリップの代わりに
別の俳優が演じるようにしています。


「ハンガー・ゲーム」シリーズ第3弾は
2015年11月20日に全米公開予定になっています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「スーパーマンVS.バットマン」の新作タイトルが発表される! [海外映画裏情報]

昨年公開されました「マン・オブ・スティール」の続編となる
今作のタイトルは「Batman v Superman:Dawn of Justice」(原題)になります。


撮影の方は既に始まっているようで
ミシガン・モーション・ピクチャー・スタジオを始めとして
デトロイト、イリノイ、アフリカ、南太平洋の各地で撮影が予定されています。

公開につきましては
2016年5月6日の予定だそうです。


今作のキャスティングは
スーパーマン(クラーク・ケント)役にヘンリー・カヴィル
バットマンブルース・ウェイン)役にベン・アフレック

その他の競演者には
「マン・オブ・スティール」からエイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、
ダイアン・レインが続投

また、
レックス・ルーサー役にジェシー・アイゼンバーグ
ブルース・ウェインの執事のアルフレッド役にジェレミー・アイアンズ
ワンダーウーマン役にガル・ガドット
役柄は今のところ明かされていませんが、ホリー・ハンターも出演します。


肝心の内容につきましては
明かされていませんが、

ザック・スナイダーがメガホンを握り

脚本はクリス・テリオが担当

チャールズ・ローヴェンとデボラ・スナイダーがプロデューサーを務めます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スピルバーグ監督&トム・ハンクスがタッグを組んだ新作にコーエン兄弟が脚本に参加! [海外映画裏情報]

トム・ハンクス主演でスティーブン・スピルバーグ監督の次回作に
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本に参加します。


今作のタイトルは未定ですが、
冷戦時代にソ連に捕縛された米軍パイロットの釈放を求め
KGBとの交渉を務めたアメリカ人弁護士ジェームズ・ドノバンの
実話を映画化したスリラーになります。


ちなみに
今回のコーエン兄弟の脚本参加は
一から脚本を担当するのではなく

マット・チャーマンが執筆した
オリジナルの脚本のリライトを担当します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。