So-net無料ブログ作成
検索選択

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作の出演者が発表される [海外映画裏情報]

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「エピソード7」に
ルーク役のマーク・ハミル、ハン・ソロ役のハリソン・フォード
レイア姫役のキャリー・フィッシャーの出演が明らかになりました。


更には
チューバッカ役のピーター・メイヒュー、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ、
R2-D2役のケニー・ベイカーの出演も明らかになりました。


また新しい出演者にはジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、
アダム・ドライバーオスカー・アイザック、アンディ・サーキス、
ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドーらが起用されています。


音楽の担当は「スター・ウォーズ」シリーズ全作を手がけた
ジョン・ウィリアムズになります。


「エピソード7」の世界は
「エピソード6:ジェダイの帰還」から30年後という設定で描かれています。


撮影に関しましては
数週間後に開始されるようで

2015年12月18日に全世界同時公開を予定しているようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジョニー・デップが婚約者のアンバー・ハードの誕生日に超豪華な詩集をプレゼント [海外映画男優ニッチ情報]

22日に28歳の誕生日を迎えたアンバー・ハードに
ジョニー・デップがバラの花束ケーキお祝いした事が話題になっているようですが

実は他にもプレゼントがあったようなんですね。


アンバーの誕生日当日に2人で
本屋に向かい

そこでジョニーは
アンバーに超豪華なプレゼントを贈っています。


その超豪華なプレゼントとは
限定品である18世紀の詩集になり

値段がなんと約2100万円になります。

詩集以外では
革表紙の日記帳なども贈っており

こちらの値段が約300万円になります。


ちなみに
今回プレゼントした詩集は
アンバーが長年探し求めていたものになります。


さすがに
セレブといった感じでしょうか

我々一般人からしたら
仰天するような
出来事ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジョニー・デップの為、友人達が独身最後を楽しむセミワイルドバチェラーパーティを開催するもプレゼントにジョニーがへそを曲げる!? [海外映画男優ニッチ情報]

このほど
ジョニー・デップの為に
友人達が独身最後を楽しむセミワイルドバチェラーパーティを開催しました。

場所は
「パイレーツ・オブ・カビリアン」シリーズのプロデューサー
ジェリー・ブラッカイマーのマンションで行われました。

パーティの主催者は
レオナルド・ディカプリオ、チャニング・テイタム、
スティーヴン・ドーフらになります。


パーティの方は
ストリッパーを呼んだり
シャンパンを飲みまくったりといい雰囲気だったそうです。


ですが
ジョニーに渡したプレゼントに問題があったようで
一気にその場の空気が一変したようです。


ディカプリオ達がジョニーに渡したプレゼントとは
バイアグラやセックス玩具、オイル、セクシーなコスチュームなど
バスケット一杯の精力アップグッズでした。

ジョニーが今度結婚する相手は
22歳も年下なので

彼女を熱くさせるために

友人達はジョークの意味も含めて
精力アップグッズを渡しました。

ですが
ジョニーはジョークと受け取らず
「とっくの前から使ってるよ」と言い放ち

周囲がシーンと静まり返ったようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジョン・タトゥーロ監督作「ジゴロ・イン・ニューヨーク」の日本公開が7月に決定 [海外映画裏情報]

この映画
アメリカでは
ニューヨークロサンゼルスの5館限定公開にも関わらず
大きな話題を集めたようです。


ストーリーの方は
経営の傾いた本屋を営む主人が
花屋を営む友人をジゴロに見立てて
ジゴロビジネスをスタートさせます。

ジゴロビジネスにより
富裕層の女性達はクールな花屋に夢中になってきます。

そんな中
ジゴロに見立てられた花屋の主人が
ひとりの未亡人に恋したことから
事態が思わぬ展開を迎えるという

米ニューヨークの本屋を舞台にした
笑えて切ない大人のラブ・ストーリーになります。


「ジゴロ・イン・ニューヨーク」の脚本には
主演、監督も兼ねてタトゥーロが担当しており

ウッディ・アレンをはじめ、バネッサ・パラディ、シャロン・ストーン
ソフィア・ベルガラ、リーブ・シュレイバーらが共演しています。


日本公開は7月より日比谷のTOHOシネマズシャンテ他
順次全国公開予定です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マトリックス」シリーズの監督の新作SF超大作「ジュピター」の日本公開が10月11日に決定! [海外映画裏情報]

マトリックス」3部作の監督
ウォシャウスキー姉弟の完全オリジナルSF超大作「ジュピター」の
日本公開が10月11日に決定しました。


この作品の舞台は
高度な知性を持った異星人によって管理された地球になります。

また、
主役を演じているのが
ミラ・クニスとチャニング・テイタムの2人になります。


本作のタイトルにもなっている「ジュピター」(地球人女性)を
演じているのがミラ・クニスで

キャラ設定としては
特異な力を持ったスーパーヒーローではなく
みんなが共感できるような普通の女の子になります。


一方の
チャニング・テイタムの役柄は
元兵士のハンターのケインを演じ

作品内でのキャラ設定は
半分狼の遺伝子を持つ人間になります。


今回の映画
「マトリックス」シリーズと同じように

驚くようなアイデアと
これまでの映画の概念を覆すほどの
特殊効果が惜しげも無く投入されているようです。


ストーリー自体はわかりにくかったのですが
「マトリックス」シリーズの特撮には驚かされたので、

新作「ジュピター」の特撮も期待できると思われます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スティーブ・ジョブズの新作伝記映画の主役にレオナルド・ディカプリオの起用を視野にいれる。 [海外映画男優ニッチ情報]

レオナルド・ディカプリオ
スティーブ・ジョブズの新作伝記映画の主役に抜擢される可能性があるようです。


ソニー・ピクチャーズによれば
当初、スティーブ・ジョブズの新作伝記映画のメガホンを取るのは
デヴィッド・フィンチャーの予定でした。


ですが、
フィンチャーがソニーマーケティング戦略の管理と
1000万ドル(約10億円)を要求したことから
監督を降板させられました。

もし
フィンチャーが監督になっていたら
レオナルド・ディカプリオが主役ではなく
クリスチャン・ベイルを主役に据える予定でした。


フィンチャーが監督を降板させられた事により
後任の監督候補として挙がったのが
ダニー・ボイルになります。

ただ、今のところ
ボイルが監督候補に挙がったというだけで
正式な契約は結ばれていませんが、
交渉中のようです。


現在ソニーはボイルと交渉中ですが
どうやらボイルがディカプリオに主役の話を持ちかけたようです。

ちなみにボイルとディカプリオは
2000年の「ザ・ビーチ」で
タッグを組んでいます。


ディカプリオを主役に据える事を視野に入れているボイルなんですが、
ディカプリオ自身、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品
「ザ・レブナント」の撮影が9月に予定されていることから
スケジュール調整は困難なんですね。


したがって
まるっきり可能性がない訳ではないんですが
主役に抜擢される可能性は低いと思われます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジュリエット・ビノシュ アカデミーにオスカー像を返品そして交換してもらう。 [海外映画女優ニッチ情報]

第69回アカデミー賞にて「イングリッシュ・ペイシェント」で
助演女優賞を獲得したジュリエット・ビノシュが

アカデミーに古いオスカー像を返品して
新しいオスカー像に交換してもらった事が明らかになりました。


なぜ交換する羽目になったのかと言いますと

ビノシュの息子がオスカー像で遊んでいたんですね。

で、オスカー像で遊んでるうちに
ゴールドの24金メッキがすべて剥がれ
灰色の像になってしまいました。


ゴールドから灰色になったことで
古いオスカー像をアカデミーに返し
新しい像と交換してもらったと言う訳なんですね。


それ以降は
息子には新しいオスカー像を触らせていないようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

テレビ映画「シャークネード」の続編「シャークネード2」のボーナスシーン撮影の為に制作費を公募 [海外映画裏情報]

少しコアな話になりますが

巨大ハリケーンに襲われたロサンゼルスにサメが空から降ってきて
住民を襲うという奇想天外なストーリーでヒットしたテレビ映画「シャークネード」の続編のボーナスシーンについて

映画会社がファンに制作費を募り始めたようです。

あと5万ドル(約500万円)あれば
ボーナスシーンが撮れるようで
5月30日までの期間限定で制作費を公募するキャンペーン

Indiegogo Crowdfundingで行っています。


ボーナスシーンの詳細は明かされていませんが
サメとチェーンソーが出てくるようで、

サメの近くでチェーンソーが使われるようです。


ちなみに出資者への特典としては
舞台裏映像、ニュース、DVDが先駆けてもらえるそうです。

しかも高額な出資者には
共同プロデューサーの肩書でクレジットに名前が載る他

続編「シャークネード2」の試写会にも招待されるようです。

また、
試写会に招待された場合は
航空券も用意してくれるそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ベネディクト・カンバーバッチが「007」シリーズの原作者の伝記映画で主演をオファーされる! [海外映画男優ニッチ情報]

「007」シリーズの原作者イアン・フレミング氏の伝記映画
ベネディクト・カンバーバッチに主演のオファーがあった事が明らかになりました。

ただ、オファーはありましたが
まだ決定には至っていないようです。


この映画は
アンドリュー・ライセットが書いたイアン・フレミングの伝記を
映画化したものになり

当初、ダンカン・ジョーンズ(デヴィッド・ボウイの息子)が
メガホンを取る予定でしたが、
昨年の11月に降板しています。

で、現在では
後任の監督こそは発表されていませんが、
脚本はマシュー・ブラウンが担当、

年内の撮影開始を予定されています。


ちなみに
イアン・フレミングの伝記とは
第二次世界大戦中に英海軍情報部員のスパイとして活動していた
イアン・フレミングに焦点を当てています。

その実体験が元になって
「007」シリーズが生み出されています。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「ダイバージェント」シリーズ最終話となる第3巻の映画は2部構成になる [海外映画裏情報]

「ダイバージェント」シリーズ最終話となる第3巻「アリージャント(原題)」の映画は2部構成になるようで

パート1は2016年3月18日に全米公開される予定で
パート2は2017年3月24日に全米公開される予定です。

ちなみにここ近年では
今回の「ダイバージェント」シリーズのように
映画が2部構成になるパターンが増えてきているようで

トワイライト」シリーズや「ハンガーゲーム」シリーズなども
2部構成になっています。


肝心の「ダイバージェント」の日本公開は
7月の予定になっています。


アメリカでは続編の「インサージェント(原題)」が2015年に公開予定となっているので
日本公開はその先になると思われます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。