So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「300」の続編「300~帝国の進撃~」は驚愕のロケ撮影ゼロ! [海外映画裏情報]

映画「300」の続編「300~帝国の進撃~」は
ロケ撮影ゼロですべてスタジオ撮影で制作されています。

本作は史実「サラミスの海戦」を描いており
原作者のフランク・ミラーグラフィック・ノベルの世界観を踏襲するために

最新のVHXを駆使して
オールスタジオロケを慣行しています。


多くの視覚効果を全編に採用し
ほとんどのセットとすべての背景
戦闘シーンにより流れでた大量の血
天候までフルCGで制作されています。


ちなみに
実物のセットは
ブルガリアの首都ソフィアに隣接するヌ・ボヤーナ・スタジオに建設されており、
すべての撮影では
ブルースクリーンやグリーンスクリーンが使われています。

また
大海でのシーンのほとんどは
デジタル技術を駆使して制作されていますが、
一部のシーンでは
俳優を潜水させて実写で撮影しています。

で、実写で撮影されたシーンは
ロンドンにある映画撮影所リーブスデン・スタジオに
大型の水槽を設置して行われました。


この映画は
全米では初登場1位を獲得しています。

日本公開は
6月20日からの予定です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。